憲法行脚の会  
ご参加ありがとうございました

1977年9月27日に起きた
横浜米軍機墜落事故を知っていますか?



地元・神奈川県で起きた大事故をご存知でしょうか。
1977年に米軍機が当時の横浜市緑区(現青葉区)に墜落し、土志田和枝さん(当時26歳)の幼い息子2人が無くなり、4年後に亡くなりました。すでに28年が経ちますが事故を風化させまいと、現在まで地元横浜を中心に学生や住民らの活動が続いています。


土志田さんはすでに80歳を超えていますが、現在、和枝さんへの想いを込めて福祉法人やハーブガーデンの経営などを精力的に行なっています。

事故について書かれた『あふれる愛に』は当時、10万部を超えるベストセラーになりました。現在は、事件のその後を含めた原稿をまとめ出版されました(『あふれる愛をついで』七つ森書館<発売中>)。

*七つ森書館 注文フォーム
*AMAZON.COM


*港の見える丘公園の愛の母子像

憲法行脚の会でも和枝さんの実父である土志田勇さんをお招きしました。

場所は、ヨコハマの港が見えるが丘公園の端に建つ近代文芸館。丘公園に隣接するフランス山には、和枝さんと息子さんをモデルにした像があり、公園内のローズガーデンには<カズエ>というバラもあります。

当時の様子を記録したパネルなどを展示いたしました。






パート1(上記)
パート2
パート3


講演
土志田勇さん(福祉法人 和枝福祉会会長)
早乙女勝元さん(児童文学者)
佐高信さん(憲法行脚の会、評論家)。

日時 9月17日土曜日 13時30分開場、14時〜16時

場所 神奈川県近代文学館(港が見える丘公園奥突き当たり)


ご報告 これまでの活動 TOPページへ